体が細い人が筋トレで効果的に太る方法、ガリガリからの脱却をテーマに解説していきます。

自身も以前は全然太れずに、周りから笑われ、バカにされてきた経験があり、太れない方のお気持ちはよぉ~くわかります。

 

軟便体質で、食べてもすぐトイレに駆け込んだり食べたものを戻してしまうということもありました。

そういった経験から、「太りたい」と思っていらっしゃるあなたに向け、ブログを書いております。

 

それではここでの出会いに感謝をして、一生懸命執筆していきますね。

 

私はもともと181㎝、体重58㎏から2か月で8㎏の増量に成功した経験があります。

 

そんな私が、体が細い人が筋トレで効果的に太る方法、ガリガリから太る方法を解説していきます。

体が細い人・ガリガリな人が食事や筋トレで体重を効果的に増やす方法

 

体が細くガリガリで、これから筋トレを始めようとしている方は、この食事というものがとても重要となってきます。

自分の中に栄養を取り入れる上で、食事はトレーニングより重要ですのでしっかりとこの知識を落とし込みましょう。

 

参考:顔だけ太りたい男性、女性に教える顔をふっくら丸くする太る方法

食事の回数を増やす

「体が細い」「ガリガリすぎてもう嫌だ!」という方は1日の食事の回数を増やしてみましょう。

目標は1日5食です。

 

私が以前太れた方法の1つが、この食べるトレーニングです。

朝食から昼食、15時前後に間食、夕食から夜食(間食

 

このサイクルで行っておりました。

間食は、プロテインやチョコレート(スニッカーズ)、ナッツ類など。

 

要は空腹の時間を作らないことがとても重要です。

朝、昼、夜はしっかりと炭水化物(糖質)を摂る。

 

お腹いっぱいに食べましょう。

ですが、最初のうちはよくお腹を壊しトイレに駆け込む事も頻繁にありました。

 

そんな胃腸の弱い方は、胃腸の働きを活発にしてくれるサプリメントなんかもおすすめです。

時にはサプリメントの力も借りて、食事の回数・量を増やすことを心がけましょう。

 

参考:太る方法としておすすめなサプリを太りたい男性、女性に徹底解説!

摂取カロリーを増やす

 

まず、体の細い人が筋トレで体を太くするには、この公式です。

摂取カロリー>消費カロリー

 

何度も、何度も書いておりますが、これがとても重要です。

食事はトレーニングよりも大事だということを覚えておきましょう。

 

因みに、ガリガリからの脱却のボーダーラインは1日3000kcalです。

なかなか難しいかもしれませんが、この目標を達成できるように死力を尽こと。

 

食べるのもトレーニングの一環ですので、食べる努力をしましょう。

 

⇒たった3か月で3.2㎏増!全く太れなかった私が太れた「ある方法」とは?

マインドをしっかり持とう

 

体の細い方、ガリガリな方が筋トレをする上でとても大切なのが、このマインドという気持ちの部分

あなたはどのくらい自分の体系に嫌気がさしているか。

 

今の自分のコンプレックスレベルが高ければ高いほどあなたは強いマインドを持てるでしょう。

それは、自分の体型をとことん嫌いになったほうがいいということ。

 

まずは、体の線が細い自分を恥じて、メンタルをぐしゃぐしゃにして、それで事足りなければ、周りの友人、知人にも体型をバカにするよう促してみましょう。

要は今自分が置かれている状況に、怒りを覚えるのです。

 

みじめな自分に、周りのバカにしてくる人間に対して心の底から怒りを感じましょう。

私はこの感情がものすごくあり、またそれが自分に努力をくれました。

 

「1度決めたらブレずにやり通す」

 

このマインドがとても重要です。

 

参考:簡単に太る方法! 短期間で男女が太るために教えたい4つの考え

自重トレーニング

 

体が細い方、ガリガリな方の筋トレ方法として、自重トレーニングがおすすめです。

まずは筋トレ器具を使用せず自重でのトレーニングからスタートさせましょう。

 

私のおすすめ筋トレ方法

腕立て

 

あなたも是非、実践してみてください。

 

番外・マインド編

遅筋よりも速筋を鍛えよう

 

体が細い、ガリガリな方で、これから筋トレを始められる方は、遅筋よりも速筋を鍛えましょう

長距離選手(遅筋)と短距離選手(速筋)では体つきが全然違いますよね?

 

遅筋はスタミナの筋肉、速筋は瞬発的な筋肉

ダンベルを3㎏で100回上げる(遅筋を鍛える)より、10㎏を10回上げる(速筋を鍛える)方が筋肉は大きくなります。

 

先程の動画にもあったように、10回ギリギリ頑張ってこなせる、くらいの負荷をかけてください。

まずは自分の体格にあった器具を、正しく使うようにしましょう。

 

あまり負荷が過ぎるとケガをする恐れもありますので、1度トレーニングジムへ行き、インストラクターの方とお話をしてみるのも一つの手かもしれませんね。

 

参考:太りたい|ヨーグルトで太る方法、おすすめな理由とその効果

まとめ

 

今回は、体の細い方・ガリガリな方が筋トレで効果的に体重を増やす方法を解説してきました。

これは今まで、何度も口酸っぱく書いておりますが、消費エネルギーより摂取するエネルギーを上回らなければ体重は増えません。

 

これを怠れば筋トレをしたとしても、痩せ細っていく一方でしょう。

その為には1日の食事の回数をできるだけ多くし空腹の時間を作らないよう心がけましょう。

 

その生活を支えるのがマインドというもの。

確固たるマインドで挑みましょう。

 

あなたは必ず太れるようになりますので、自分を信じてブレずに継続するのがとても大切です。

 

そして、今までまったく太れなかった私が、3か月間「ある方法」を行い、3.2㎏太ることに成功できました。

 

この「ある方法」を知らないことで、いまのあなたは損をしているかもしれません。

 

 

<こちらをクリックして応援よろしくお願いいたします>

にほんブログ村 ダイエットブログ 太る逆ダイエットへ
にほんブログ村

健康と医療(全般)ランキング